こんなお悩みの方へ

生理痛がひどい

生理痛がひどい方は子宮内膜症や子宮筋腫などの器質的な病気がある場合と特にそのような病気はない場合がありますが、どちらにしても日常生活を見直し、改善していくことによって、生理痛が軽減する可能性があります。

まずは、規則正しい生活(原則早寝早起き)、バランスのよい食事、適度な運動(ウォーキングなど)を心がけていきましょう。
続けていけば必ずからだは変わってきます。

 

健幸ヨガ教室はこちら→

 姿勢を調え、血行をよくし、腹式呼吸を身につけることで生理痛も軽くなってきます。
 ぜひ一度お試しください。やればやった分、長く続けていくと、必ずからだは変わってきます。

 

鍼灸治療はこちら→

 生理の時に下腹痛、腰痛、頭痛がひどい方は鍼灸治療がお勧めです。佐藤治療院院長の鍼灸は痛みをとるのに定評があります。こちらも定期的に受けていると体質が変わってきます。

 

カウンセリングはこちら→

 精神的なストレスも実は生理痛に大きく影響しています。
 カウンセリングを受けて心が落ち着いたら、過多月経・生理痛も楽になったという方は何人もいらっしゃいます。
 生理痛もつらいし、心に悩みを抱えているという方、ぜひ一度当院のカウンセリングを受けてみてください。 

 

断食講座はこちら→

 食事を見直すのに断食は効果的です。食べ過ぎや食事の偏りがある方、一度プチ断食に参加して味覚をリセットしてみませんか?

イライラする 不安感が強い

月経前症候群や更年期障害でイライラしたり、不安が強くなるという方もいらっしゃいますし、妊娠中や子育て中も精神的に不安定になってしまう方もいらっしゃいます。

その原因は今の人間関係や環境にあるかもしれませんし、もっと違う原因があるかもしれません。また、怒りやすい性格の人、将来を悲観的に見てしまうタイプの人など、持っている心の傾向性は人それぞれです。

 

イライラする、不安感が強いといった症状が強い場合はカウンセリングをお勧めします。カウンセラーと一緒に自分を振り返り、直面している問題に取り組んでいくと、心は次第に穏やかになってきます。

 

カウンセリングはこちら→

当院の心理カウンセリングでは、不安やイライラがある場合、その原因を一緒に考え、心の持ち方や具体的な対処法をその方に応じて提案していきます。一つ一つ実践し、克服していくことによって、心の回復をはかります。

 

健幸ヨガ教室はこちら→

呼吸と心を一致させて身体を動かすヨガはやっていると自然と心が穏やかになってきます。
ヨガを続けていくと深い腹式呼吸ができるようになるので心も落ち着きやすく、寝る前に布団の中で行うと寝つきやすくなります。
イライラや不安が続くと特有の身体のクセが出てきます。ヨガの体操を定期的に行うことによって、身体のバランスが取れてくると心のクセも変わってきます。

 

鍼灸治療はこちら→

イライラが続くと自然に首や肩に力が入り、頭痛もしやすくなります。ストレスがかかると腰痛にもなりやすくなります。
からだに不調があれば、鍼灸治療を行うと身体が楽になり、その分心も楽になります。

 

瞑想講座はこちら→

毎日5分の瞑想を続けていくと、自然と心が平静になってきます。はじめはいろいろな雑念が湧いて難しく感じられるかもしれませんが、講座を受けて続けていけば、必ず心が安定し穏やかになってきます。

頭痛・肩こり・腰痛

現代は職場で長時間パソコンを使っていたり、夜遅くまでスマホをいじっていたり、昔より頭痛や肩こりを訴える人が増えてきているように思います。

長時間パソコンを操作したり、スマホをいじる時には、まず正しい姿勢で行うこと。そして間に休憩をとり首や肩を動かす体操をしたり、ウォーキングなど体全体を動かすことも心がけてください。
くれぐれもスマホは夜遅くまではやらないこと。寝る直前までやっていると、不眠症の原因になります。

鍼灸治療はこちら→

頭痛・肩こり・腰痛の症状が強い場合は、まず鍼灸治療をお勧めします。
からだに痛み・不調を抱えているのはとてもつらいものです。
佐藤院長の鍼灸治療は独特ですが、痛みをとるのに優れた効果があります。
まず、一度お試しください。

 

健幸ヨガ教室はこちら→

長期的に頭痛・肩こり・腰痛を改善するのには、ヨガをお勧めします。
筋肉のコリをほぐし、必要な筋力を鍛え、血行をよくし、骨格を整える効果があります。
続けていけば必ず身体は健康になっていきます。

 

カウンセリングはこちら→

色心不ニといって、心とからだは一体です。からだが不調な場合は心に悩みやストレスを抱えていることも多いのです。
思い当たることがあれば、一度カウンセリングも受けてみることをお勧めします。

 

断食講座はこちら→

断食をすると「メンケン反応」といって、一時症状が強く出ることがあります。しかし、大抵はその症状がうまく経過するとからだはスッキリしてきます。断食を続けていくと体も柔らかくなりますし、腰への負担も軽くなってきます。

対人関係のストレス

対人関係のストレスは思っている以上に心やからだに大きく影響してきます。

自分の中で抱え込んでいてもなかなか解決ができない時には、思い切ってカウンセリングを受けてみることをお勧めします。

ちょっとしたことでストレス解消の糸口が見つかるかもしれません。

カウンセラーと話すことで視野が広がり、見えなかったことが見えてきたり、今まで気づかなかった相手の気持ちに気づくことも。

実際の対処方法も一緒に考えて、実生活で実践できるようにトレーニングも行います。

カウンセリングはこちら→

 

健幸ヨガ教室はこちら→

 からだを動かし、深い呼吸を行うことはストレス解消にも役立ちます。

 

鍼灸治療はこちら→

 頭痛、肩こりや腰痛など、からだにつらい症状がある時は鍼灸治療もお勧めです。

 からだが楽になると心もゆるんできます。

 

断食講座はこちら→

 ストレスがたまってそれしか考えられない時は思い切って断食することもお勧めです。

 断食していると空腹で頭がいっぱいになって、悩みが悩みでなくなります。

冷え性

多くの女性は冷え症に悩んでいます。冷やさないように暖かいものを着たり、温かい飲み物やからだを温めるものを食べたり、カイロを使ったり、みなさんそれぞれいろんな対策をされていると思います。
でも、大事なのは自分の内側から熱をつくる身体にしていくこと。筋肉を鍛え、血行をよくすることも大切です。
それからしっかりご飯を食べること。ご飯などの炭水化物はすぐにエネルギーになりからだを温めてくれます。
生野菜や果物ばかり食べていると、体を冷やしますのでご注意を。

鍼灸治療はこちら→

冷えが強い方にはお灸がお勧めです。お灸は冷えている部分だけに行うのではなく、全身に行います。その効果は数日間持続します。
不思議なことにほんとうに冷えている場所、鈍くなっている場所はお灸をいくらのせても反応しません。お灸に反応するかどうか、健康のバロメーターとも言えますね。

 

健幸ヨガ教室はこちら→

ヨガを続けていくと自然に全身の血行はよくなり、体を支える大事な筋肉が鍛えられ、筋肉から熱が発生し、自然とからだはあたたかくなります。自分で自分のからだに必要な熱を作っていく、これが基本です。

 

カウンセリングはこちら→

冷え症にカウンセリング?と思われるかしれませんが、心に凍った部分をかかえていると、強固な冷え症になることがあります。
もし、心あたりのある方はカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

子供が欲しい

結婚して妊娠を希望しているのに1年以上子供ができない場合を、不妊症と言います。
不妊症には様々な原因がありますが、物理的に自然妊娠が難しい場合を除いて、鍼灸治療やヨガ、断食、カウンセリングも妊娠しやすくする効果があります。

鍼灸治療はこちら→

鍼灸で全身のバランスをとっていくと、妊娠効果が高くなります。排卵しにくい人は排卵させやすくする効果もあります。
まずは4ヶ月お試しください。

 

健幸ヨガ教室はこちら→

昔、「授かりヨガ」と言われたヨガクラスがあったそうです。そこのクラスではなかなか妊娠しなかった人が妊娠したり、一人子供がいる人が二人目を妊娠したりと、クラスの方たちが次々と子供を授かり出産されたそうです。
ヨガで呼吸・身体・心を調えていくと妊娠しやすくなりますし、スムーズなよいお産がしやすくなります。

 

カウンセリングはこちら→

「子供が欲しい」と望む方の中には、実は子供を持つことへの恐怖感、不安感を抱えている人もいます。
子供をどうするかというところで、夫と妻の意見が違うことも出てくるでしょう。
ほんとうは自分はどうしたいのか、自分たち夫婦はどういう夫婦・家族になっていきたいのか、子供を授かる前にしっかりと向かいあっておくことはとても大事です。恐怖感、不安感が強い場合はカウンセリングを受けて、少しでも心が軽くなる道を探っていきましょう。心が落ち着いてからのほうが妊娠もしやすく、経過も順調に進みます。

 

断食講座はこちら→

断食をしてからだがシャッキリすると、妊娠しやすくなります。

青空レディースクリニック 青空治療院 ドクターズファイル